あごにきびの治し方と洗顔石鹸

あごにきびは、大人にきびの代表。20代だけでなく30代40代でも繰り返し
出来てしまう人がいます。また思春期で、顎にきびに悩む人も多いですね。

あご周辺は、男性ならヒゲの生える部位で意外と皮脂の分泌量が多いため、にきびが
出来やすい場所
。睡眠不足・疲労・食事の乱れなど何らかのストレスでホルモンバランスが崩れると男性ホルモンが活発になって出来ると言われます。女性だと生理前に、あごにきびが出来る人もいます。他に、間違ったスキンケアや洗顔方法、あご周辺の石鹸の洗い残し、あわない化粧品、紫外線、タバコなども、あごにきびの原因です。 

あごにきびの治し方は、頬のにきびや大人にきびなどと同じで、生活リズムや
食事の乱れ、洗顔方法やスキンケアなどに気をつける
ことが大切です。
また完治のコツは、しっかりしたスキンケアで新しいにきびも予防することです。

あごにきびの治し方: 自宅で治すなら、これでトライ!

大人にきび・あごにきび対策のスキンケアはいろいろありますが、初期のにきびに
効くものが多いようです。そんな中で、初期にきびから、にきびの炎症やにきび跡に
悩む人にまで評価されているのが、「ビーグレン(b.glen)」

医療レベルの浸透技術で、繰り返すあごにきびにも効果的!
天然クレイの洗顔料は毛穴の奥にまで届き、化粧水と美容液で
必要な保湿もしっかりできる
として、口コミで人気のにきび対策
スキンケア化粧品です。洗顔料・化粧水・高濃度のビタミンC美容液
の黄金の3ステップ。トライアルセットは、格安の1,800円です。

       >>> ビーグレン(b.glen)の詳細は、こちらから

あごにきびを治す石鹸、ピーリング用石鹸

あごにきび(大人にきび)を治す方法のひとつに、ピーリングがあります。
続けると、にきびの原因である肌表面の厚くなった古い角質を取り除き、
毛穴に詰まった皮脂を分泌させ、肌本来のターンオーバーを促します。

ピーリングは自宅でも、ピーリング石鹸でできます。医療用と同成分、
AHAグリコール酸が入った「アイナソープ400」
が、定評があります。

       >>> アイナソープ400の詳細は、こちらから

★市販のピーリング用石鹸は、皮膚科などの処方より濃度が低く、
あまり心配なく始められます。初めての方は、使用法をよく読みましょう。
(にきびが大変ひどい場合は、皮膚科の専門医に診てもらうことをおすすめします)

皮膚科や美容皮膚科での、あごにきびの治し方

皮膚科、美容クリニック、美容皮膚科でにきび治療を行なっています。
塗り薬「ダラシン」やステロイド、内服薬、ビタミン剤が処方されたり、
ピーリングでの治療、女性の場合、低用量ピルを使った治療などがあります。

あごにきびは、他の部位より治りにくい方もいますので、肌が弱い方や
症状が悪化したり、市販の薬でにきびの改善が見られない場合は、信頼できる
皮膚科、美容クリニック、美容皮膚科に診てもらったほうがいいかも知れません。

あごにきびの治し方と、治す石鹸は、これ!コンテンツ一覧

あごにきびの治し方と対策

あごにきびの原因

にきびの出来方と種類

にきびと化粧品

カテゴリー