Top > あごにきびの治し方と対策 > あごにきびの治し方と対策(2)洗顔やクレンジング、保湿

あごにきびの治し方と対策(2)洗顔やクレンジング、保湿

◆あごにきびの洗顔とクレンジング◆

あごにきびや大人にきびを治すには洗顔が大事だと、1日に何回も洗顔をしたり、
クレンジングを強くする人がいますが、それでは肌のうるおい成分を奪って
肌を乾燥させるだけです。

肌が乾燥すると角質が固くなり、その結果、余計に毛穴が詰まって
にきびを悪化させることもあります。きちんとした洗顔を朝晩の2回すれば充分です。

★朝の洗顔:洗ってさっぱりとするタイプの石鹸(できれば固形)でやりましょう。
★夜の洗顔:メイクをしている人は、まず油分が適度で肌触りがソフトなクリームタイプの
洗い流せるクレンジングで、メイクを落します。(オイルクレンジングは、お化粧の
濃い人向けが多いので、毎日使っていると肌を傷める
ことがあり要注意です)
クレンジングの後は、朝と同じ石鹸で洗顔します。

洗顔後は、清潔なタオルで、肌を押さえるようにして水分を取ります

◆洗顔後のお手入れは、保湿とビタミンC誘導体化粧品で◆

にきび肌でも、保湿が必要です。

ただ、化粧品の油分は皮脂と同じでアクネ菌の栄養となるので、決して
つけすぎないようにしましょう。

これは、どんなに上質な油でもまた、オリーブオイルなどでも一緒です。

水分(保湿成分)はたくさんつけましょう。肌が水分不足になると、
毛穴の出口の角質が厚くなって、毛穴がより詰まりやすくなるのです。

肌にいいのが、ビタミンC。ビタミンC誘導体の化粧水は、皮脂を抑えます。
(にきび予防にも、またにきび跡の赤みを薄くする作用もあります)

そして最後に、ヒアルロン酸やセラミドの入った保湿美容液で、たっぷり
水分補給をすると、肌が柔らかくなって毛穴が詰まりにくくなります。


[ 同じカテゴリの記事 ]
「あごにきびの治し方と、治す石鹸は、これ!」トップページ
【あごにきびの治し方と対策(1)睡眠と食生活】
【あごにきびの治し方と対策(3)ピーリング】
【あごにきびの治し方と対策(4)生理前の対策】
【あごにきびの治し方と対策(5)にきびの潰し方】
【あごにきびの治し方と対策(6)10代とは違う薬を!】
【あごにきびの治し方と対策(7)「予防しながら」治す】

カテゴリー