Top > あごにきびの原因 > あごにきびの原因と、アクネ菌

あごにきびの原因と、アクネ菌

■あごにきびの原因~アクネ菌の繁殖

にきびは、毛穴に詰まっている皮脂と、アクネ菌の繁殖でできます。
でも、アクネ菌は、健康な皮膚にもある常在菌。なぜ、それが原因なのでしょうか?

ニキビが出来るときというのは、まず最初に、毛穴の出口の角質が厚くなります。
角質が厚くなりすぎると、毛穴がふさがれ、皮脂が詰まってくる
のです。
そしてその皮脂をエサとして、アクネ菌が繁殖します

毛穴の出口の角質が厚くなる理由として、男性ホルモンや、アクネ菌が皮脂を
分解して作る脂肪酸などが関係する
といわれますが、まだまだ未知の部分があります。

でも、あごにきびの原因は、皮脂分泌や毛穴の角質を厚くしているホルモン、
アクネ菌に影響を与える免疫など、体内バランスの乱れにあるといえるでしょう。

体内バランスを崩す原因は、ストレスや乱れた食生活、睡眠不足、運動不足など、
生活上のいろいろなこと。これらが表れるひとつが、肌の上のにきびなのです。

★アクネ菌とは:
アクネ菌は、肌表面のバランスを正常に保つ役割の細菌で、常在菌の一種です。
思春期以降の男女の皮膚にほぼ100%住みついています。嫌気性の細菌で
空気のあるところでは生きられず、毛穴の奥など空気のないところにいます。
にきび対策の第1歩は、このアクネ菌対策とも言えるでしょう。

カテゴリー